50万円借りるなら、どうすれば良い?

とにかく急ぎで50万円借りる アコム公式で50万円借りる

もしいま50万円借りなければならなくなったとしたら、消費者金融のキャッシングを頼りにするのが良いでしよう。

それも1社ではなく複数の消費者金融に申し込むのが良いと思われます。

これには理由があります。

1社の消費者金融と契約を結べたとしても、50万円という金額を借りるのは難しいと思えるからです。

消費者金融には総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までしか融資を受けることはできません。

150万円以上の年収があれば、総量規制があったとしても50万円を借りることはできます。

この総量規制をクリアできたとしても、消費者金融各社が設けている融資限度額という壁に阻まれてしまう可能性があるのです。

キャッシングを利用する個人の信用度によって融資を受けられる金額に上限額が設けられてしまうのです。

この融資限度額によって実際に融資を受けられる金額は50万円に届かない可能性がかなり高くなってしまうのです。

一般的に融資限度額は30万円ですとか20万円になることが多いようです。

このため、もしいま50万円という金額を消費者金融から借りなければならなくなっ場合、1社では足りなくなってしまうのです。

融資限度額を考えると必然的に2社以上の消費者金融に申し込む必要が出てきます。

同時に2社、3社と違う消費者金融に申し込みをすることは、そんなにお金が必要なのかと訝られてしまう可能性もあるので、必要があれば店頭に赴いて事情を詳しく説明することになるのかも知れません。

 

消費者金融で借りる際の注意点とは?

 

カードローンで融資を受けたい金額は、人それぞれ異なります。

50万で借りたいというニーズもあるでしょう。

それで50万で借りる場合、賃金業者が検討される事もあります。

銀行から借りる選択肢もありますが、速さや利便性などが理由で、賃金業者が検討される事もある訳です。

そのタイプの業者は、書類には少々注意を要します。

銀行とは異なる点があるからです。

というのも賃金業者から50万以上で借りる時には、たいていは収入証明が求められる事になります。

大部分の業者では、それが必要になるのです。

収入証明というのは、いわゆる給与明細や源泉徴収票などです。

いずれも、給料に関わる情報が記載されている事は間違いないでしょう。

もちろん賃金業者に申し込みをする際には、身分証などは提出する必要はあるのです。

それに加えて上記の収入証明が必要である点は、賃金業者の大きな特徴と言えます。

ちなみに銀行から50万以上で借りる時は、その限りではありません。

銀行は、賃金業者とは色々ルールも異なるからです。

100万などで借りる時にも、収入証明が求められないパターンが目立ちます。

ですから50万借りる時にどのような書類が求められるかは、申し込みをする会社次第です。

 

急にお金が必要になったときは?

 

急にお金が50万円必要になったら、あなたならどうしますか?50万円という金額はお友達やご家族に気軽に貸してほしいとお願いできる金額ではないのではないでしょうか。

そんなとき、消費者金融のアコムに相談してはいかがでしょうか。

アコムのカードローンであれば、利用限度額を50万円以下の場合、収入証明書類不要で審査をしてもらえます。

インターネットでの申し込みであれば、24時間365日いつでも借り入れが可能です。

また、アコムでは3秒診断という簡単な質問に答えるだけで、借り入れ可能かわかるサービスがありますので、初めてで申し込みが不安であれば、こちらで診断してから申し込むとよいでしょう。

申し込みをしてからは、最短で30分で審査の結果がでます。

契約後は、自分の口座に振込で融資が受けられます。

初めての利用者向けに、30日間金利0円サービスもありますので、活用するとよいでしょう。

なお、楽天銀行の口座を所有している場合は、なんと最短1分で振込されます。

アコムでは、ホームページで返済シミュレーションもできますし、返済早見表で返済額の確認もできますので、計画的な利用の手助けになるのではないでしょうか。

アコムでは、このように利用しやすいサービスを提供しています。

コメントは受け付けていません。